>

作る際のポイント

求められている情報

消費者は動画を見て、商品の特徴を知りたいと思う人が必ずどこかにいます。
もっと細かく言うと、どのような使い方をするのか、価格、食品なら味などの情報です。
そのように必要な情報を、動画に入れるように構成を考えましょう。
無料の編集ソフトやアプリがあるので、簡単に動画作成を始めることができます。

しかし構成を考えないで、ただ適当に作った動画は誰も見てくれないので効果がありません。
まずは、何を動画で宣伝したいのかメインになるものを決めてください。
それが終わったら、伝えたいことをまとめていきましょう。
たくさん伝えたいことがあっても、多すぎると短い動画に収まらなくなってしまいます。
特に重要な情報を3つから4つほど抜き出し、それを大々的にアピールしてください。

ターゲット層を見極める

宣伝したい商品やサービスは、誰に向けたものでしょうか。
それによって動画の作り方や、見せ方が変わります。
女性がターゲット層になっている服や化粧品は、華やかでかわいらしく見せることが重要です。
子供がメインの購入者になる場合は、わかりやすくて楽しい動画になるよう工夫しましょう。
明るい音楽や、キャラクターのイラストなどを使うのが良い方法です。

また文字(テロップ)の大きさや、ナレーションを付けるなら読むスピードに気を付けてください。
文字が小さいと読みにくいですし、喋るスピードが早いと聞き取れません。
さらにナレーションの言葉を全て文字にして書くのは大変ですし、画面が文字だけで埋まってしまいます。
そうではなく、重要な部分だけテロップで強調させてください。